乳酸菌サプリは便秘や下痢になる?子供に飲ませて大丈夫??

最近「腸活」という言葉が流行っているのを皆さんはご存知でしょうか。「腸活」とは「腸の活動を活発化させる事」。

腸の活動を活発化させる事で「溜まった老廃物を体外へ排出」する事ができ、ダイエット効果や疲労改善の効果があります。

そんな「腸活」にぴったりなのが「乳酸菌サプリ」なんです。

人間の体の中にある「腸」

腸とは、胃から肛門までつながっている消化器で、簡単にいうと「うんちをつくる所」です。

口から胃へと運ばれた食べ物や飲み物は、胃の中でまず消化・吸収しやすい形へと変わっていきます。その後、腸へと運ばれ、肛門へと進んでいく中で消化・吸収されていくのです。

消化・吸収されず残ってしまった「体にとって不必要な老廃物」がうんちとなって出てくるというしくみなのです。

老廃物が体に残ってしまうと、本当は体の中に溜め込んでおく必要がない物なのにどんどん脂肪やセルライトとして蓄積されていきます。

体もどんどん重くなり、なんだか「だる重くてテンションが上がらない」なんて状態に陥ってしまう原因でもあるんです。

そんな体の不具合を取り除く為に生まれたのが「乳酸菌サプリ」

乳酸菌とは、体に良い菌のうちのひとつです。腸の中には「腸内フローラ」と呼ばれるものが存在し、腸内フローラは「善玉菌」と「悪玉菌」から出来ています。

善玉菌は腸内環境を活発化させてくれる一方で、悪玉菌は腸の活動を低迷させてしまう働きを持ちます。

要するに善玉菌は体にとって嬉しい影響を与えてくれる菌であり、悪玉菌は体にとって嬉しくない影響を与えてしまう菌なのです。

腸内フローラに善玉菌と悪玉菌のどちらの比率が大きいかによって、腸内環境が「良い」のか「悪い」のかが決まります。

現代の人間の体は「食生活の偏り」や「ストレス」、「不規則な生活」などによって悪玉菌を多く増やしてしまう傾向にあります。

善玉菌よりも悪玉菌が多いと、老廃物が体外へ排出されなくなりどんどん蓄積されて血管を圧迫したり、ダイエットを行っているのに痩せなかったり、おならが非常に臭かったり、便秘になったりします。

「乳酸菌サプリ」は、そんな腸内へ善玉菌を届け、善玉菌の比率を大きくしてあげる事で、それらの老廃物問題やダイエット問題、おならの臭い問題や便秘問題の解消をサポートしてくれるのです。

よって、「乳酸菌サプリ」を飲んだから便秘になる!というのは全く逆で、むしろ便秘を改善してくれるのが乳酸菌サプリの力です。

ここで「便秘を改善するなら、下手すると下痢になるのでは?」という疑問が浮かぶ方もいると思います。先に結論をいうと、摂取のしすぎによって下痢になる事があります。

乳酸菌サプリは用法・用量をきちんと守って摂取しなければ下痢になる可能性があります。

基本的には用法・用量をきちんと守っていれば問題はありませんが、稀にちゃんと守っていても下痢の症状が出る方もいるので、もし症状がでた場合には自分の体質と相談しながら使用を続けるか判断し、場合によってはかかりつけのお医者さんへ相談しましょう。

また、乳酸菌サプリには免疫力を向上させる働きもあります。大人と比較して免疫力の低い子供に乳酸菌サプリを飲ませたい!と思っているお母さんやお父さんもいるかもしれません。

そこで、子供でも乳酸菌サプリを摂取する事ができるのか?という疑問を解消していきましょう。

乳酸菌サプリにも数えるのが困難なほど様々な商品があり、その効果も用法・用量も商品によって千差万別です。

基本的に乳酸菌サプリは子供でも摂取する事ができます。しかし、大人と子供では用法・用量が異なっていたり、物によっては子供が服用できない物もあるでしょう。

免疫力の向上や腸内環境を整えてくれる働きは共通してあるかと思いますが、中には他の効果がプラスされている商品も沢山登場しています。

色んな乳酸菌サプリが登場しているので、一番目的にあった物を選択し、用法・用量などをきちんと確認する事が大切です。

子供用乳酸菌サプリもありますので、大人は大人用、子供は子供用を摂取するというのも良いですね。

乳酸菌サプリを上手に生活に取り入れて、便秘改善!体をリセット!大人も子供もスッキリ。軽い体でさわやかな毎日を始めましょう。