葬儀の進め方と遺族が行う準備について

葬儀社を選ぶ場合は、

「病院から紹介してもらう」
「知人や友人に紹介してもらう」
「遺族自身が見つける」

というパターンがあります。亡くなった後で葬儀社を選ぶ場合は、葬儀実施までの短い時間を効率よく使って最適な葬儀社を見つけることが大切です。

また、亡くなった人が生前に自分で葬儀社を予約している場合もあります。いい葬儀社とは、規模の大小とは特に関係がありません。しっかりと遺族の要望を聞いてくれる葬儀社が適切です。

プランを強引に進めたり、追加費用について詳しい説明がなかったりするような葬儀社では、誠実な葬儀の運営は望めなくなります。気持ちよく会話ができる担当者がいる葬儀社がおすすめです。

また葬儀を行う場合は、葬儀費用が大きな課題になります。各葬儀会社では、遺族のニーズに合わせた様々な料金プランの葬儀を設置していることが多く、それぞれのプランについてしっかりと納得のいく説明をしてくれる葬儀会社であれば安心して任せることができるでしょう。

また、各葬儀会社が提示しているプラン料金よりも、実際にかかる費用の方が大きくなることがほとんどです。

そのような確認は事前にしっかり行って、追加費用がどの程度必要かを把握しておくことが重要です。

死去した際には、遺族はまず遺体の搬送先を決める必要があります。病院に遺体をずっと置いておくわけにはいかないため、遺体を自宅に搬送するか、安置施設や葬儀会場に搬送するか選択することになります。

病院から紹介された葬儀社が遺体の搬送を行っても、そこで葬儀自体を行わなければならないということはありません。後日改めて葬儀会社を選ぶことができます。

遺族はまた、死亡診断書を病院から受け取る必要があります。これは死亡届の提出時に必要なもので、死亡届を出せば火葬の許可がおります。

この手続きは葬儀社が遺族に代わって行うことが一般的です。終活のように故人が生前に葬儀の準備や葬儀後のお墓についての契約をしている場合は、その流れに従って遺族は葬儀を進めていけばいいでしょう。

終活の開始時期については特定の時期はなく、終活に向けた気持ちが芽生え、また体が思うように動く時期が適切な終活の開始時期になります。